· 

ランディングページ(LP)とは?特徴やメリット、作成の際の注意点を解説

ランディングページ(LP)とは?特徴やメリット、作成の際の注意点を解説

<目次リストを追加する領域>

そもそもランディングページとは一体どのようなものなのでしょうか?

 

実は、ランディングページには広義のランディングページと、Webマーケティングで用いられるランディングページの2つの意味があります。

 

2つの違いはどこにあるのでしょうか。詳しく解説していきましょう。

広義のランディングページ

広義のランディングページとは、ユーザーがホームページの中で最初に開いた(着地した)ページを指します。

 

例えば、GoogleでA社を検索、検索結果からA社の会社概要ページへアクセスした場合、最初に開いた会社概要ページがランディングページとなります。検索エンジンでの表示結果以外にも、URLから直接特定のページへアクセスした時やSNSなどに表示される広告を開いた時、リスティング広告をクリックした時などに、私たちがまず目にするページはすべてランディングページにあたります。

広義のランディングページは、後述するWebマーケティングにおけるランディングページと区別するため、「入り口ページ」や「集客ページ」と呼ばれることもあります。

 

また、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールにもランディングページに関する項目が設けられていますが、それは広義のランディングページを指しています。

Webマーケティングにおけるランディングページ

Webマーケティングにおけるランディングページとは、ホームページにアクセスしたユーザーに商品の購入や問合せ、セミナーや無料体験、求人の申込みといったアクションを起こさせることに特化したページを指します。ランディングページをうまく活用することで、売り上げアップや見込み客の獲得、人材確保などが実現できるとして、ネット通販業界をはじめ、幅広い企業で導入が進んでいます。

 

ランディングページというと、こちらの意味を指すことが一般的です。そのため、ここから先はWebマーケティングにおけるランディングページの特徴やメリット、注意点などについて解説します。

ランディングページの特徴

ランディングページ(LP)とは?特徴やメリット、作成の際の注意点を解説
ランディングページの特徴

ランディングページには通常のホームページとは異なる特徴があります。ここではランディングページの代表的な特徴を3つご紹介します。それぞれについて詳しく解説していきましょう。

縦長の構成で1ページに情報が集約されている

ランディングページは縦長で、下にスクロールしながら読む形式が多いのが特徴です。なぜ、縦長なのでしょうか?それは、ランディングページの目的を考えればわかります。

ランディングページの最大の目的は、ホームページに訪れたユーザーを購入や問合せなどに導くことです。そのため、ページ内には商品の魅力や特徴が営業マンのセールストークのように詰め込まれています。ユーザーのアクションを想起させるために必要な情報が1ページにまとまっているので、情報量が多くなり、必然的にサイトデザインは縦長となります。

デザインの自由度が高い

デザインやレイアウトの制限が少なく、自由度が高いのもランディングページの特徴です。通常のホームページではユーザビリティ向上のため、ページの上部やサイドに案内メニューを表示するなど、デザインやレイアウトに一定の制限があります。

ランディングページの場合、1ページに情報が集約されているため、ユーザーがホームページ内で迷うことがありません。そのため、画面を広く使い、インパクトのある画像やテキストを用いて、デザイン性の高いページを作ることが可能です。

ページ内のリンクが少ない

通常のホームページと比べて他ページへのリンクが少ないのも特徴です。上述した通り、ランディングページは1ページに必要な情報を盛り込み、ユーザーのコンバージョンを効率的に獲得する仕組みになっています。

コンバージョンに直接つながらないページへユーザーが移動したり、離脱したりするのを防ぐため、リンクは極力少なく作られています。

ランディングページ活用のデメリット

ランディングページ(LP)とは?特徴やメリット、作成の際の注意点を解説
ランディングページ活用のメリット

次にランディングページを活用するデメリットをご紹介します。

ユーザーの直帰率が高くなりがち

直帰率とは、ユーザーが最初にアクセスしたページのみをみてサイトから離脱する割合のことを指します。通常のホームページでは、ユーザーを飽きさせないために様々なリンクを設置して直帰率を上げない工夫をしています。

しかし、ランディングページでは、コンバージョンを上げるため、他ページへのリンクを極力少なくしています。そのため、ユーザーが他ページへ回遊できず、結果的に直帰率も高くなる傾向があります

また、縦長で情報量が多いため、ユーザーが途中で飽きてしまい、サイトを離脱するというケースも少なくありません。

SEOにはやや弱い

多くのランディングページでは、ユーザーへの訴求率を高めるため、画像や画像化した文字を多用しています。画像や画像化した文字は見た目にインパクトがあり、ユーザーの目を引きやすいですが、SEOにはやや弱いと言われています。

これは、GoogleやYahooなどの検索エンジンのクローラーが画像の中身を読み取れず、有益な情報やコンテンツが少ないページだと判断されてしまう可能性があるためです。

 

また、GoogleやYahooなどの検索エンジンでは、容量が大きく、表示速度が遅いページは評価が低くなるという傾向があります。そのため、画像の多用で1ページあたりの容量が大きくなりがちなランディングページは、SEOではやや不利と言わざるを得ません。

制作費用が高額になる可能性も

コンバージョンの高いランディングページを作るためには、ユーザーを引きつける魅力的な内容と、インパクトがありつつもわかりやすい画面構成が不可欠です。

ランディングページの内容作成には非常に手間がかかり、またデザインに専門的な知識が必要となるケースもあるため、初心者には手に負えず、ホームページ制作会社に作成を依頼するケースも多いのが現状です。

 

しかし、ここで問題となるのが制作にかかる費用。デザインやページのボリューム、内容、依頼するホームページ制作会社によって費用は異なりますが、1ページあたりの費用相場は10〜40万円程度とも言われています。複数ページの作成を依頼する場合、当然ながら費用は倍になります。

 

制作会社に依頼することで、ランディングページ作成にかかる手間は大幅に軽減されますが、その分高額な費用がかかる可能性があるという点は注意が必要です。

ランディングページを作るなら!無料で使えるおすすめサービス

ランディングページ(LP)とは?特徴やメリット、作成の際の注意点を解説
ランディングページを作るなら!無料で使えるおすすめサービス

自分でランディングページを作成したい、ランディングページ作成に高額な費用はかけられないという方には、ホームページ作成サービスの利用がおすすめです。

ホームページ作成サービスを利用すれば、HTMLやCSSなどの専門知識がなくても、自分だけのランディングページが簡単に作成できます。

ここでは、ランディングページ作成におすすめな、無料で使えるサービスを3つご紹介します。

豊富なテンプレートと手厚いサポートが魅力「ジンドゥー(Jimdo)」

ランディングページ(LP)とは?特徴やメリット、作成の際の注意点を解説
豊富なテンプレートと手厚いサポートが魅力「ジンドゥー(Jimdo)」

                   出典:ジンドゥー

ユーザー数世界170万人、国内でも抜群の知名度を誇るホームページ作成サービス「ジンドゥー(Jimdo)」。クリエイターサポートサイトやメールでのサポートが用意されており、初心者でも安心して利用ができる人気のツールです。

ジンドゥーの魅力はテンプレートの豊富さ。レイアウトを工夫することでおしゃれなランディングページが簡単に作成できます。用意されたテンプレートはカスタマイズも可能。より自由に、自分だけのランディングページを作りたい方には特におすすめです。

 

料金:無料(有料プランもあり

商用利用:◯

独自ドメイン:×(有料プランでは使用可能

容量:500MB

広告表示:あり(有料プランでは非表示も可

特徴:テンプレート多数、レスポンシブデザイン、日本語サポートあり

ブログ感覚で直感的に操作ができる「ペライチ」

ランディングページ(LP)とは?特徴やメリット、作成の際の注意点を解説
ブログ感覚で直感的に操作ができる「ペライチ」

出典:ペライチ

ペライチは2015年にサービスリリースした日本発のホームページ作成サービスです。ペラページと呼ばれる1ページ完結型のホームページ作成に特化しているため、ランディングページ作成にもぴったり。

デザイン性の高いテンプレートとドラッグ&ドロップでブログのように直感的に操作できる手軽さが人気で、初心者の方やお試しでランディングページを作りたい方におすすめです。

料金:無料(有料プランもあり

商用利用:◯

独自ドメイン:×(有料プランでは使用可能

公開ページ数:1ページ

広告表示:あり(有料プランでは非表示も可

特徴:テンプレート多数、1ページ完結型ページに特化

おしゃれでデザイン性の高いページが作れる「スタジオ(STUDIO)」

ランディングページ(LP)とは?特徴やメリット、作成の際の注意点を解説
おしゃれでデザイン性の高いページが作れる「スタジオ(STUDIO)」

出典:STUDIO

日本生まれのホームページ作成サービス「スタジオ(STUDIO)」。スタジオの一番の魅力は、自分のデザインがコード変換されそのままWebサイトとして利用できる点。オリジナリティのある自分だけのページを作りたい!という方には特におすすめです。もちろん、おしゃれなテンプレートも用意されているので、デザインに自信がない方でも安心して利用できるでしょう。

また、スタジオには共同編集という機能が備わっています。友人やチームメンバーなどを無制限で招待でき、リアルタイムで編集状況が共有できるので、ランディングページ制作を複数人で行いたい方には最適なツールです。

 

料金:無料(有料プランもあり

商用利用:◯

独自ドメイン:×(有料プランでは使用可能

公開ページ数:5ページ

広告表示:あり(有料プランでは非表示も可

特徴:共同編集機能

ランディングページを活用してビジネスチャンスをつかもう!

ランディングページ(LP)とは?特徴やメリット、作成の際の注意点を解説
ランディングページを活用してビジネスチャンスをつかもう!

売り上げアップや、見込み客の獲得、人材の確保など、様々な目的を達成できる可能性のあるランディングページ。

制作には手間や時間がかかりますが、商品やサービスの特徴、達成したい目標に合わせたランディングページ作りは、ビジネスのチャンス拡大につながります。

無料で試せるサービスも多いので、ぜひ一度、ランディングページ作成に挑戦してみてはいかがでしょうか。