· 

初心者でもわかる!効果的なランディングページの作り方をご紹介

初心者でもわかる!効果的なランディングページの作り方をご紹介のヘッダー画像

ランディングページは、ネットで商品を販売して売り上げをアップさせるためには、なくてはならない存在です。

 

しかし、自分で作成するにはハードルが高いと感じている人も多いはず

 

この記事では、ランディングページの基礎と、初心者でも効果的なランディングページを作るためのポイントをご紹介します。ランディングページを簡単に作成できる便利なツールもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

<目次リストを追加する領域>

初心者にもわかる!ランディングページ(LP)

初心者にもわかる!ランディングページ(LP)イメージ画像

特定のニーズをもつユーザーに、商品を訴求するために作成されるのがランディングページ。マーケティングの重要な役割を担うものです。そのため、ランディングページは、ホームページ内の通常のページとは異なる構成で作成する必要があります

 

初めてランディングページを作成するという方のために、ランディングページの機能や必要性、作り方のポイントをわかりやすくご説明します。

ランディングページとは?

ランディング(Landing)とは、英語で「着地する」という意味です。ランディングページとはその意味の通り、外部からホームページを訪問する人が最初に開くページを指します。ランディングページがトップページのケースが多いですが、検索エンジンの検索結果からホームページを訪れる場合には、トップページ以外がランディングページとなる場合もあります。

 

また広告を出稿している場合、リンク先として設定している広告閲覧者用の特設ページをランディングページと呼ぶこともあります。出稿している広告の配信対象や掲載先が複数ある場合には、それぞれに対応した複数のランディンページを作成し、より効果が得られるように工夫するのが一般的です。

 

この記事では、後者のタイプのランディングページについてご紹介します。

ランディングページの役割と重要性

顧客が商品を買う目的でホームページを訪問する時に、ランディングページのもつ役割は非常に大きいものです。実店舗で店舗スタッフの接客が売り上げに貢献する度合いが大きいように、ネットで商品を販売する際には、ランディングページが重要な役割を担います

 

ランディングページの最大の役割は、特定のニーズをもつユーザーに合わせた情報を提供することです。たとえば出稿した広告経由のユーザーなど、特定のユーザーに特化して、最適化しやすいのがランディングページの特徴です。 

 

ランディングページでは、ユーザーが求める情報を1ページに集約します。そのため、ページ遷移によるユーザーの離脱が防げます。

ランディングページ最適化のコツ

ランディングページをより魅力的なものにブラッシュアップすることを「LPO(Landing Page Optimization)=ランディングページ最適化」といいます。ユーザーが商品やサービスを購入するというアクションを起こしてくれるよう、コンテンツの内容や導線を整理したり、デザインを工夫したりする施策です。

 

ランディングページ最適化のコツは、ユーザーのニーズをしっかりとくみ取り、ランディングページの目的を明確にすることです。ユーザーがストレスなくスピーディーに欲しい情報にたどり着けるように、隅々まで目を配りましょう。

初心者でも簡単!ランディングページの作り方のポイント

初心者でも簡単!ランディングページの作り方のポイントイメージ画像

ランディングページはネットで商品を販売する上で重要な役割を担うため、初心者が作成するには敷居が高いと感じるかもしれません。

 

しかし、作り方のポイントを押さえれば、顧客に訴求する力を持ったランディングページを作成できます。ここでは、ランディングページを作る上で重要なポイントをご紹介します。

訴求対象をしぼり、ニーズを把握

ランディングページを作成する事前準備として、該当ページで主に訴求するターゲットを絞り込み、そのターゲットのニーズを分析するという作業が欠かせません。ランディングページでは、1ページという限られたスペース内で、ターゲットに確実に響く訴求を行う必要があるからです。

 

ターゲットのニーズ分析が不十分だと、ホームページを訪問したユーザーに商品の魅力を十分に伝えられない可能性が高くなります。そのため、確実にニーズを把握し、なぜその商品がおすすめなのかという点を訴求していくべきです。

キャッチコピーの重要性

ターゲットに商品を訴求する上で、キャッチコピーは大きな役割を担うものです。ランディングページの冒頭に表示するキャッチコピーには、ユーザーが求める商品が購入できるホームページに正しくたどりついたことを知らせる機能があります。

 

また、キャッチコピーは、ランディングページの内容を読みたいと思わせるものを考えましょう。必要なのはユーザーの興味を引くテクニックだけでなく、いかにユーザーの悩みに寄り添うかということです。ターゲットを明確にし、商品やサービスを利用することで具体的にどのような利益が得られるのかを示しましょう。

効果的なデザインを採用

人と人とのコミュニケーションでは、第一印象が大切だと言われますが、実はランディングページも同じです。ユーザーがランディングページを開いたときに、最初に目に入る画面範囲をファーストビューと言います。ランディングページの印象を左右するファーストビューは、ユーザーの気を引き、もっと読みたいと思わせるデザインを採用することを心がけましょう。

 

気をつけたいのは、伝えたいことを文字や表、画像で簡潔にあらわすことです。画像を掲載する場合には、高画質で色味が明るく、信頼できる印象の画像を選ぶのがポイントです。文字の色や大きさ、背景などは、訴求したい商品のイメージに合わせ、統一感のあるデザインを目指しましょう。

ベネフィットをアピール

ランディングページは、ユーザーに商品やサービスを購入してもらうことを目的として作成します。そのため、ユーザーが商品購入に踏み切るために、ページ内で商品の素晴らしさを伝えるベネフィットが非常に重要です。

 

その商品やサービスならではの独自性や、ユーザーが商品を利用することで得られるメリットを、いかに訴求するかがベネフィットの核となります。商品を使うことで、ユーザーの悩みがどのように解決するのかを中心に訴求していきましょう。

購入につながる導線にする

ランディングページでは、ユーザーを購入に誘導するために効果的な導線を考えましょう。導線をスムーズにするためには、大きく2つのポイントがあります。

 

1つ目は、ランディングページ内で必要な情報をすべて得られるようにし、他のページへのリンクを極力設置しないことです。他ページへのリンクが張られていると、ランディングページからの離脱が起こりやすくなります。

 

もう1つは、購入ボタンや入力フォームを効果的に設置し、購入へのハードルを下げることです。目立つデザインの購入ボタンをコンテンツの合間に複数設置したり、入力フォームを使いやすく設定したりすることで、ユーザーがスムーズに購入しやすい環境を作りましょう。

PDCAサイクルで、常に改善を行う

ランディングページは、一度作成したら終了ではありません。現状の効果を測定し、改善すべき課題の洗い出しをしましょう。

 

検証には、Googleが無料で提供している「Google Analytics(グーグル アナリティクス」という、ホームページのアクセス情報を解析できるサービスが役立ちます。定期的にPDCAを回して、より効果を出せるランディングページに育てていきたいですね。

ランディングページ作成には、特別な知識が必要?

ランディングページ作成には、特別な知識が必要?イメージ画像

ランディングページを作成したいけれど、「作る方法がよくわからない」「HTMLやCSS、デザインなどに詳しくない」などの理由で、自分には難しいのではと考えている人もいるかもしれません。

 

ランディングページの作成を、ホームページ作成のプロに依頼することはもちろん可能です。しかし、制作費用の相場は数万〜数十万円と、決して安くはありません。コストの面で、気軽にプロに依頼するのが難しい場合も多いでしょう。

 

しかし実は、インターネット上では、無料で利用できるランディングページの作成ツールが公開されているのです。知識がなくてもプロ顔負けのクオリティが高いランディングページを作成できますので、ぜひ活用してください。

ランディングページ作成におすすめの無料ツール

ランディングページは、無料のホームページ作成ツールを利用すれば、簡単に作れます。無料で利用できるツールの中には、ランディングページ専用のテンプレートが準備されているツールもあるので、便利に活用しましょう。

 

たくさんのホームページ作成ツールの中で、直感的な操作が可能で初心者にも使いやすい、おすすめのツールをご紹介します。

1.ジンドゥー(Jimdo)

ランディングページ用テンプレートの選び方からおすすめまで一挙公開
ジンドゥー(Jimdo)

ジンドゥー(Jimdo)は、世界中で利用されている、無料でホームページを作成できるツールです。ランディングページにぴったりのレイアウトが用意されているので、初心者でも手軽に美しいランディングページを作成できるでしょう。

 

作成したランディングページは、さまざまなデバイスから最適な状態で見られる「レスポンシブデザイン」を採用。スマホユーザーにとっても見やすいランディングページに仕上がります。HTMLの知識がある場合は、独自コードを利用することでナビゲーションを非表示にすることも可能です。

料金無料(有料プランあり
商用無料版、Proは商品数に制限あり。Businessは無制限
特徴レスポンシブデザイン対応、SNSとの連携が簡単

2.ペライチ

ランディングページ用テンプレートの選び方からおすすめまで一挙公開
ペライチ

出典ペライチ

ペライチは、用途にあったテンプレートを選択して、画像と文字を変更するだけでランディングページが作成できるツールです。HTMLの知識がまったくなくても、見栄えの良いランディングページを作成できます。

 

商品の宣伝用にランディングページを作る場合、ペライチでは通販機能を利用することもできます

料金無料(有料プランあり
商用決済は有料のビジネスプランのみ利用可能
特徴レスポンシブデザイン対応、HTML知識不要

3.ウィックス(Wix)

ランディングページ用テンプレートの選び方からおすすめまで一挙公開
ウィックス(Wix)

ウィックス(Wix)は、2006年にイスラエルの企業がサービスをスタートしました。今では世界中で利用されているホームページ作成ツールです。画像を動的に見せるなど、通常は専門的な知識が必要な設定が簡単に利用できるのも嬉しいポイント。

 

ほとんどの操作をドラッグ&ドロップで行えるので、ストレスなくランディングページが作れます。初心者でも気軽にランディングページ作成に挑戦できそうですね。

料金無料(有料プランあり
商用有料のビジネスプランあり
特徴レスポンシブデザイン対応、テンプレートが種類豊富

4.ウィーブリー(Weebly)

Weebly イメージ画像
ウィーブリー(Weebly)

ウィーブリー(Weebly)は、海外発のホームページ作成ツールですが、日本語対応しているため気軽に利用できます。

 

ランディングページも、直感的な操作で簡単に作成可能です。動画に強いのが特徴のツールなので、動きのあるページを作りたい方にとくにおすすめです。

料金無料(有料プランあり
商用有料のビジネスプランあり
特徴スライドショーの設定や動画の埋め込みが簡単

作り方のポイントを押さえて、効果的なランディングページを作成しよう

ランディングページは、ユーザーに商品やサービスの魅力をダイレクトに伝えられ、短期間で成果を出しやすいページです。

 

作り方のポイントを押さえて、結果につながるランディングページを作成しましょう。ユーザーの悩みを汲み取り、心に響くランディングページで、売り上げアップを狙いたいですね。