· 

ホームページ制作の見積もり相場と費用の内訳は?

<目次リストを追加する領域>

ホームページ制作の見積もりの内訳内容を解説

ホームページ制作費用は、数万円から作れるものもあれば100万円以上かかるものまでさまざまです。費用の安さだけで選んでしまうと、クオリティが低かったり、出来上がりに満足できなかったりすることもあります。

 

しかし、ホームページ制作の見積もりを依頼しようと思っても、その内訳の項目は難しい言葉ばかりが並んでいて、何をするための費用なのか、必要なものなのかを理解するのが難しい人も多いでしょう。

 

ホームページ制作の見積もりでよく出てくる言葉について、詳しく解説します。

これってなんの費用?内訳の解説

まず、ホームページ制作の見積もりのほとんどに含まれているのがディレクション費です。これは、ホームページ制作の進行を管理する費用です。

 

ホームページを制作するときは、ディレクター、デザイナー、システムエンジニア、マークアップエンジニア、ライター、カメラマンなどさまざまな専門的知識や技能を持った人が集まって、プロジェクトを進行させます。これら1つのチームが仕事をする際に必要になる経費がディレクション費です。

 

またディレクションには含まれずにデザイン費が別になっている場合もあります。企業やブランドのイメージなどを踏まえて、ホームページをデザインする費用です。

 

さらにデザインしたホームページを、正常に表示されるようプログラミング言語を使って記述していく作業が「コーディング」で、別途費用がかかります。ホームページを作成するときによく使われるWordPressは無料で利用できますが、有料のテンプレートを使う場合はその費用も発生します。

 

さらにホームページが完成したあとも定期的に更新を依頼する場合は、月額で管理費や更新費なども見積もりに含まれます。

ホームページ制作で必ずかかる費用は?

ホームページを自分で制作する際にも、必ずかかる費用があります。サーバーやドメインはホームページ制作に必須で、サーバーレンタル代やドメインの取得費用などがかかります。制作会社に依頼する場合、プラス代行費用がかかります。

 

またホームページに掲載する自社製品やイメージなどの写真も必要です。プロのカメラマンに依頼して撮影する場合は、費用がかかります。イメージ写真を利用する場合は、写真素材を販売しているところから購入するなどの費用が発生します。

 

さらに、イラストを使用する場合には、イラストレーターに依頼する費用がかかります。

簡単に相場分かるホームページ制作の料金表

ホームページ制作の見積もり相場と費用の内訳は?
簡単に相場分かるホームページ制作の料金表

ホームページ制作の料金相場を紹介します。

制作内容 費用の相場
オリジナルデザインでの制作を依頼する 20万円〜100万円以上
テンプレートデザインでの制作を依頼する 3万円〜10万円以上
WordPress設置を依頼する 3万円〜
テンプレートのカスタマイズを依頼して制作する 20万円〜30万円前後
ネットショップの制作を依頼する 50万円以上
独自システム(CMSなど)の構築を依頼する 100万円以上

ホームページ制作の料金相場を紹介します。テンプレートを使う場合、1からオリジナルで制作する場合では相場が大きく変わってきます。デザインや機能性にこだわりたい場合は、ホームページ制作費用はかなり高くなるでしょう。

 

また、大手のホームページ制作会社に依頼する場合と、個人のフリーランスに依頼する場合でも費用に差が出てきます。予算はどの程度にするか、どんなホームページにしたいのかをあわせて考えて検討する必要があります。

テンプレート使用の場合

ホームページを制作会社に依頼する場合でも、あらかじめ用意してあるテンプレートを利用して作る方法なら、比較的安い費用でホームページを作れます。テンプレート使用の場合の制作費用の相場は、3万~10万円ほどです。ホームページ完成までの日数も短くて済むので、早くホームページを作りたい場合にもおすすめです。

 

ただし、テンプレートを使う場合、他でも同じテンプレートを使用している可能性もあり独自性に欠ける、希望するデザインや機能には対応していないなどのデメリットがあります。

オリジナルデザイン依頼の場合

オリジナルのデザインでホームページを作る場合は、30万〜100万円ほどが相場です。依頼者の要望やサイトのイメージなどを詳しくすり合わせて制作します。独自性の高いホームページが作れる、自社やサービスに必要なコンテンツを盛り込めるなど、自由度が高くなります。

 

サイトの方向性や雰囲気などを制作側がしっかり理解して作る必要があるため、何度か打ち合わせをしたり途中でチェックを入れたりと、完成までに時間がかかります。

CMS構築まで依頼する場合

ホームページ制作と一緒にCMSの構築まで依頼したい場合は、100万円以上が相場です。CMとは、コンテンツマネジメントシステムの略で、ホームページに関する専門的な知識がない人でも、ホームページの更新や管理ができるシステムです。

 

ホームページの更新作業は、通常制作会社に依頼するケースが多く、月額の管理費や更新費などが発生します。ですが、CMSを構築してしまえば管理や更新も自社で行えます。

 

新しい商品のPRなど、更新したいときにすぐに自分たちで作業ができるので便利です。長くホームページを使っていくつもりなら、CMSの構築も含めて制作を依頼した方がトータルで費用を安く抑えられるでしょう。

ホームページ制作費用が大きく異なる理由は?

ホームページ制作は、テンプレートを使うかオリジナル性を追求したデザインにするか、CMS構築も依頼するかなどによって、費用にかなりの差が出てきます。運用の仕方やホームページをどのくらいの期間利用するつもりかなど、よく検討してください。

 

ホームページの制作方法を決めてから相場を参考にホームページ制作会社に見積もりを依頼すると、制作費用が適正な金額かどうかがわかってくるでしょう。

 

一社だけではなく、複数のホームページ制作会社から見積もりを取って比較してみてください。

ホームページ制作を依頼するときのポイント

ホームページ制作の見積もり相場と費用の内訳は?
ホームページ制作を依頼するときのポイント

ホームページ制作を依頼する場合のチェックポイントをお伝えします。

 

ホームページ制作の会社はたくさんあります。見積もりを依頼すると同じ制作方法でも、それぞれ金額は異なるでしょう。満足できるホームページを作るために、依頼する側もしっかりとプランを立てる必要があります。

どんなホームページにしたいかイメージをはっきりさせる

まずホームページのイメージを明確にしておきましょう。社内で情報を共有し、ホームページのイメージ感を統一しておきます。会社の経営理念や、業種、商品やサービスを扱っている場合は、それらのイメージやコンセプトをはっきりさせます。写真を掲載する場合は、何をどんな風に撮ってほしいのか、制作会社に具体的に伝えられるようにします。

 

専門的な用語や知識がなくてもいいので、ホームページに入れたい情報や素材、問い合わせや商品購入などつけたい機能なども決めておきましょう。ホームページのイメージがはっきりしていれば、制作会社も必要な作業が明確になるので、見積もりを出しやすくなります。

各項目についてしっかり確認する

見積もりを出してもらったら、ひとつひとつの項目の費用をチェックしてください。わからないところがあったら、質問して説明してもらいましょう。ホームページ制作に関わる人が増えれば、それだけ人件費や作業費が増えます。

 

ホームページ制作会社によっては、項目ごとの見積もりではなく、ホームページが完成するまでに必要な人件費を日数分かけて見積もりを出すところもあります。

 

作業の流れが見えないので、本当にその日数がホームページ完成までに必要なのかわかりにくいですが、制作期間中であればいろいろ微調整や仕様の変更などに対応してくれます。

ページ数が多ければ費用がかさむ

ホームページ制作では、ページ数が増えると費用が高くなります。

 

会社紹介ページ、メニューページ、問い合わせページ、商品購入ページなど、多くのページを入れたい場合は、その分見積もりも高くなります。

 

ページを増やしたい場合は、1ページあたりどのくらい費用がかかるのか確認しましょう。

見積もり金額だけで決めない

見積もり金額が妥当な値段だからと、それだけでホームページ制作を依頼する会社を決めるのはやめましょう。テンプレートを使用しているので細かな部分の融通がきかなくて思い通りの仕上がりにならなかったり、最初に聞いていた納期より遅れてしまったりなど、トラブルが起きる場合もあります。

 

見積もりを取る時点で、ホームページ制作会社の今までの実績や担当者の対応なども確認してください。信頼できるところに依頼すると、納得できるホームページを作ってもらえるでしょう。

まとめ

ホームページ制作の見積もり相場と費用の内訳は?
まとめ

ホームページ制作の見積もりの内訳は、よくわからない項目がたくさん書いてありますが、わからないままにせず、ひとつひとつなんのために必要な工程なのかを詳しく聞いて理解してください。見積もり金額や単価が、相場よりも高い場合・安い場合には理由も確認しましょう。

 

制作費用だけでホームページ制作の依頼先を決めてしまうと、出来上がりが満足できず後悔することもあります。ホームページ制作会社のポートフォリオなどを見て、担当者と詳しく話して、信頼できるところに依頼しましょう。