· 

ホームページ制作費が高い、安いの目安と違いはあるの?

<目次リストを追加する領域>

ホームページ制作費の値段の違いは何?

ホームページ制作費が高い、安いの目安と違いはあるの?
ホームページ制作費の値段の違いは何?

ホームページ制作をホームページ制作会社に依頼する費用は、安い場合は3万円ほどから、高い場合は200万円を超えるものまでとても幅広くなっています。ホームページ制作の費用に大きな差が出る理由はいくつかありますが、もっとも大きな違いが出るのが調査費用です。ターゲット層やマーケティング、また競合他社のホームページや商品について綿密に調査して、成果をあげられる効果的なホームページを作るための費用です。

 

ホームページ制作費が安い場合、この調査を簡易的に行ったり、調査人数を減らしていたりする可能性があります。調査費用が高い場合は、マーケティングを行う人数が多かったりチームで詳しい調査をしたりしてくれます。

テンプレート利用で値段が大きく変わる?

ホームページを作る方法をどうするかで費用は大きく変わってきます。オリジナルのデザインを最初から作る場合は、30万〜100万円を超える場合もあります。ホームページ制作会社が用意したテンプレートを使用する場合は、3万〜10万円程度で作れます。

 

オリジナルでデザインする場合は、ホームページ制作会社のディレクターやデザイナーと何度も打ち合わせて、企業やお店、商品のイメージやブランディングを練りながら制作するので、時間がかかります。一方、テンプレートでホームページを作る場合は、制作日数も短くなります。

ページ数の違い?1ページ当たりの費用は?

ホームページ制作の費用は、ホームページのページ数によっても変わります。会社の顔となるトップページ以外に、会社概要、沿革、商品の紹介など、どんなページを作りたいのか伝えて、トータルの見積もり金額を出してもらいます。

 

ページ数が多くなればなるほど、見積もりの金額も高くなります。一般的な1ページの相場は、トップページは5,000円〜100,000円程度です。トップページ以外のページを増やす場合は、5,000円〜15,000円ほどになります。ただしコンテンツやレイアウトを大幅に変更する場合は、もう少し高い費用がかかることもあります。

 

1ページ増やすごとに違う内容をデザイナーが作成するために、ページ数で制作費用は変わってきます。

人件費

高いホームページ制作費用がかかる場合、それだけ人件費がかかっています。ホームページを作る際の戦略を立てて立案する人や、マーケティング調査担当者、さらにホームページの各ページのコンテンツを制作する人など多くの担当が必要です。

 

さらにそれらをホームページの形にするために、システムエンジニアやコーディングの担当者も加わります。企業の収益や売り上げに影響するようなホームページを作りたい場合、戦略やマーケティングからかかわれて、高い専門的技術と知識をもつ人も必要になります。

ホームページ制作の相場の目安は?

ホームページ制作費が高い、安いの目安と違いはあるの?
ホームページ制作の相場の目安は?

安いホームページと高いホームページそれぞれの相場を紹介します。満足できるホームページを作るなら、単純に制作費用だけで選ばずに、それぞれのメリットやデメリットも理解して、作りたいホームページに必要な作業と人件費を含めた適切な費用を支払う必要があります。

 

ホームページ制作の価格ごとに、どの程度のものが作れるのかも目安にして選びましょう。

安い・格安編:5万円くらいから依頼できる

安いホームページ制作会社なら、5万円くらいから依頼できます。この価格帯のホームページの場合、テンプレートを使って制作します。テンプレートはいくつかの中から選べて、さらに多少はカスタマイズも可能です。コンテンツはすべて依頼者が用意する必要があります。TwitterやFacebookなどのSNSとの連携ができ、問い合わせ機能などもつけられるでしょう。

 

また、最近はパソコンよりもスマホでインターネットを利用するユーザーが多いですが、スマホ版のサイトもつけられます。ホームページ制作費用を安く抑えたい人でも、基本的な機能は十分備わっています。テンプレートを利用するので制作期間が短く、すぐにホームページを公開できるでしょう。

名刺としてのホームページ

安いホームページは名刺として利用できます。会社の概要や簡単な紹介を載せておくだけなので、ページ数が少なくて済みます。高い制作費用を払う必要はありません。

 

ホームページがあれば、名刺にURLを載せられます。また検索数が上がって上位に表示されるようになれば、ホームページは自社の事業やサービス、商品案内の代わりにも使えるでしょう。

標準:50万円前後が一般的

名刺代わりではない本格的なホームページを制作したい場合、相場はだいたい50万円前後です。50万円支払えば、トップページも含めて15ページくらいのホームページが作れます。テンプレートを使用するのではなくオリジナルのデザインで、画像やテキストなども依頼者で用意せずにホームページ制作会社に作成してもらえるので、仕上がりのクオリティも一段と高くなります。

 

またCMSの構築も可能です。CMSがあれば、ホームページの専門的な知識がない人でも簡単にホームページを更新できるので、最新のお知らせや新商品の情報を載せたいときなど、必要なときに自社でホームページを変更できて便利です。

集客やリニューアルとしてのホームページ

50万円台でホームページを作る場合、SEOやリスティング広告などで集客を狙えます。検索でヒットするように戦略し、会社の知名度アップや売り上げの向上が期待できます。

 

すでにホームページを持っている企業でも、集客を考えてリニューアルする場合は、50万円程度の費用をかけるケースが多くあります。また50万円の制作費ならば、商品数が100点以下程度のネットショップも作れるので、自社で扱うブランドや商品がそれほど多くない場合は、ホームページ上に販売機能をつけることも可能です。

高い編:100万円〜200万円以上するところも

ホームページ制作に100万〜200万円かかる場合もあります。支店を多くもつ大手企業や大規模なショップ展開をして販売しているブランドなどでは、このクラスの価格でホームページを作成するのが一般的です。大手企業があまりに安い費用のホームページを使っていると、安っぽく見えて会社やブランドの品格が落ちてしまうこともあります。

 

100万円クラスの制作費用の場合、オリジナルのデザインで画像や動画を豊富に使ったホームページのデザインが可能です。会社概要や沿革、支店や商品の紹介、商品販売など多数のページを作成できます。また採用情報を掲載し、ホームページからエントリーできるような構造も作れます。集客を意識したクオリティの高いホームページが出来上がるでしょう。

オリジナルやページ数の多いホームページ

ホームページ制作費用が100万以上の場合、最初の戦略立案の段階からホームページ制作会社が入ってくれるので、何度も打ち合わせをしながら、ホームページの方向性やターゲット層などを検討できます。競合他社よりも、集客に強いホームページ制作が出来上がるでしょう。画像やテキストもすべてホームページ制作会社が作成し、オリジナリティがあり、ブランディング効果に優れたホームページになります。

 

100万円以上のホームページ制作費用は高額に感じるかもしれませんが、長くホームページを使って会社の宣伝や商品販売などを行うつもりなら、初期投資として妥当な金額で決して高くはありません。

ホームページ制作で費用をかけるべき項目

ホームページ制作費が高い、安いの目安と違いはあるの?
ホームページ制作で費用をかけるべき項目

ホームページ制作の費用の内訳はいろいろあります。もっとも費用がかかるのは人件費です。多くの専門家がホームページ制作に関わりますが、どこに費用をかけるべきかを具体的に説明します。

 

なるべく安くホームページ制作費用を抑えたいという場合でも、節約すべきでない項目を削ってしまっては、ホームページのクオリティが下がってしまうことがあります。

戦略の策定

ホームページを作る最初の戦略や市場調査などには十分に費用をかけた方がいいでしょう。競合の分析や市場のマーケティングなどをしていないと、SEO対策をしても集客ができません。

 

大手企業など依頼者側でも専門的にマーケティングや分析ができる場合は戦略部分の費用を削ってもいいですが、自分で調査ができない場合は、ホームページ制作会社に入ってもらって戦略を立てて制作した方が効果的に集客が見込めます。

コンテンツの制作

安いホームページ制作を利用する場合、コンテンツの作成を依頼者が用意するケースがほとんどです。しかしコンテンツ制作もプロのライターに依頼した方が、ターゲットに響くキャッチーな文章を作成してくれます。また画像やイラストも、依頼者側で用意するよりもプロのカメラマンやイラストレーターに依頼した方が、はるかに魅力的なものになるでしょう。

 

コンテンツは、ホームページを訪れたユーザーに、企業や商品の魅力を伝えるものです。依頼者側の方で、専属のライターやカメラマンを用意してコンテンツの準備ができないなら、すべてホームページ制作会社に依頼した方が質の高いホームページができるでしょう。

ホームページ制作の高い、安いは目的によって変わる

ホームページ制作費が高い、安いの目安と違いはあるの?
ホームページ制作の高い、安いは目的によって変わる

ホームページ制作の費用は5万円から100万円以上まで、料金の幅が非常に広くなっています。ホームページを作る目的によって、適切な費用は変わってきます。名刺代わりにホームページを作るなら、テンプレートを使った安いホームページで十分でしょう。

 

しかし、効果的に集客を狙い、企業や商品をPRできるホームページを作るなら、それなりのページ数と、問い合わせやネットショップなどさまざまな機能が必要です。必然的に、かかる費用も高額になります。