· 

無料で使えるワードプレスでホームページ作成するメリット・デメリット

ワードプレスのメリット・デメリット

ワードプレス(WordPress)を利用すれば、初心者でも拡張性、自由度の高いホームページを無料で作成できます。テーマテンプレートも充実しているので、デザインに自信のない人でもおしゃれなホームページ作成が可能です。しかし、サーバーやドメインの事前準備、SEOやセキュリティ対策など、使いこなすためにはある程度の専門知識が求められます。サポートの充実度も低いので、わからないことは自分で調べ解決する必要があります。

<目次リストを追加する領域>

初心者には簡単?難しい?ワードプレスの特徴

パソコンで作業をしている様子

ワードプレスは日本のみならず、世界でも圧倒的なシェアを誇るCMS(コンテンツマネジメントシステム)サービスです。システム自体は無料で利用でき、専門知識のない人でもホームページ管理や記事投稿が可能。個人はもちろん、企業や官公庁のホームページなど広く活用されています。

 

ワードプレスがあれば一見誰でも気軽にホームページ作成や運用ができそうですが、本当に知識のない初心者でも簡単に利用ができるのでしょうか?

 

ワードプレスを利用すれば知識がなくても導入自体は可能です。しかし、運用やカスタマイズにはPHPやHTML、CSSなど知っておくべきことも数多くあります。そのため、知識や経験のない本当の初心者の方が利用するには、少しハードルが高いサービスともいえるかもしれません。

こんな人にワードプレスは向いている・向いていない。

では、ワードプレスはどのような人に向いているのでしょうか。

【向いている人】
  • 独学で調べたり、学習したりできる人
  • → ワードプレスは導入さえできれば専門知識がなくても直感的に操作が可能です。しかし、導入にあたり、データベース(MySQL)やPHPなどの専門知識が必要な場面が多々あります。こういった場面に直面した際にわからないことを積極的に調べ、学習できる人、学習時間を割ける人はワードプレスに向いているといえるでしょう。
【向いていない人】
  • 専門知識がなく、苦手意識のある人
  • 周囲にWeb知識に長けた人がいない、頼れる人がいない人
  • とにかく手軽にホームページ作成をしたい人
  • 知識はないが細部までこだわったホームページ作成をしたい人
  • → 前述した通り、ワードプレスの活用にはある程度の専門知識や経験が不可欠です。そのため、PHPなどに苦手意識のある人、学習時間が取れない人、とにかくラクに早くホームページ作成をしたい人にはワードプレスは向いていません。

会社のホームページの場合は注意が必要

自社にあったカスタマイズが可能で、自由度も高いワードプレスは、会社ホームページなどでも多く活用されています。しかし、ワードプレスは他のCMSサービスやホームページ作成サービスと比較すると、サポートは手厚くありません

 

そのため、バージョンアップやプラグインエラーなどでページが表示されない、エラーが出るような場合でも、基本的には自己解決が求められます。会社ホームページでワードプレスを利用する場合は、問題が起きた場合でもすぐに解決できる知識や経験をもった人、相談に乗ってくれる人がいないと管理、運用が大変になることを理解しておきましょう。

ホームページ作成をワードプレスで行うメリットは?

ワードプレス のメリット

ワードプレスでホームページ作成を行うメリットはどのような点でしょうか。詳しくみていきましょう。

メリット ①:システムを無料で利用できる

ワードプレスの最大の魅力は、なんといってもシステムを無料利用できる点でしょう。用途による制限もないため、個人、商業を問わず利用でき、費用をかけず複数のホームページの制作も可能。また、無料ホームページ作成サービス利用の場合、設定が有料になることも多い独自ドメインも、ワードプレスであれば設定自体は無料で行えるのも嬉しいポイントです。(独自ドメイン取得には費用が発生します。)

 

ただし、これは全ての作業を自身で行うことが前提となります。ワードプレスを使ったホームページ制作を制作会社などに依頼すると、当然ながら制作にかかる費用が発生しますのでご注意ください。

メリット ②:おしゃれなデザインのテーマテンプレートが充実

ワードプレスにはおしゃれでデザインクオリティの高いテンプレートが豊富に揃っています。有料テンプレートもありますが、無料で利用できるテンプレートも多いため、費用をかけずにデザイン性の高いホームページの作成が可能です。無料テンプレートはワンクリックでダウンロードできるので、初心者でも簡単に利用できるでしょう

 

ただし、無料テンプレート使用時には注意点もあります。1つ目は、テンプレートの多くが海外クリエーターにより作成されており、サンプルページも英語表記で作成されていることが多い点です。英語表記ではおしゃれでかっこいいデザインでも、日本語表記で作成するとイメージが全く違う場合もありますので注意が必要です。

 

2つ目は、テーマのサンプルホームページ(特にトップページ)の多くが、HTMLやCSSなどでカスタマイズされている点です。そのため、テンプレートダウンロード後、自身のワードプレス環境に反映してもサンプル通りにならない場合が多々あります。サンプル通りのホームページを作成したい場合、カスタマイズを自らで行う必要があるため、初心者や知識のない人には難易度が高いかもしれません。

 

無料テンプレートで思ったようなホームページが作成できない、知識はないが細部にこだわったホームページを作りたいという方は、洗練されたデザインや十分な機能が搭載されている有料テンプレートの購入を検討してみてもいいでしょう。数千円〜2万円程度で購入できるものが多く、制作会社に依頼するより大幅に費用が抑えられるのもポイントです。

メリット ③:ブログ感覚で利用でき、作成、更新が容易

通常のホームページの場合、ページ作成後FTPを用いたアップロードが必要ですが、ブラウザ上でページ管理ができるワードプレスではそのような手間がかかりません。

 

また、一度ページを構築してしまえば、その後は作成や更新が容易に行えるのもワードプレスの魅力といえるでしょう。基本的には文字の入力、画像の貼り付けなどブログ感覚で更新や作成が可能。難しい作業を覚える必要がないため、初心者でも手軽に利用できます。

メリット ④:カスタマイズの自由度が高い

ホームページの機能やデザイン、構成などが自由自在にカスタマイズできるのもワードプレスの人気が高い要因といえます。プログラミングの知識が必須となりますが、1からデザインにこだわったページを作りたい、自由に構築したぺージを作りたい人には特に魅力的なシステムといえるでしょう。

メリット ⑤:プラグインでさまざまな機能の追加が可能

ワードプレスには豊富なプラグインが用意されています。プラグインとは、ホームページの機能を拡張するためのプログラム

 

動画の埋め込みやパンくずリストの設置、ショッピングカートの追加など、ホームページにさまざまな機能をもたせるには、通常であれば、プログラミングの知識が必要になります。しかし、プラグインを利用すれば、欲しい機能を簡単にホームページに追加できます。

メリット ⑥:利用者が多いため情報も多い

ワードプレスは世界中で多くの人が利用しているサービスです。そのため、インターネット上にはワードプレスに関する情報が数多く公開されています。わかないことがあっても、検索をかければほぼ確実に解決策を記載したサイトや記事が見つかるのは、ワードプレスならではのメリットといえるでしょう。

ホームページ作成をワードプレスで行うデメリットは?

ワードプレス のデメリット

ワードプレスでホームページ作成を行うデメリットはどのような点でしょうか。詳しくみていきましょう。

デメリット ①:サーバー契約、ドメイン取得など事前準備が必要

ワードプレスを利用してホームページを作成するには、事前にサーバー契約と独自ドメイン取得が必要です。

 

サーバーにはさまざまな種類のものがありますが、どれを契約してもいいわけではありません。ワードプレスを使用する場合は、必ずPHPとMySQL(データベース管理システム)が使えるサーバーを選択しましょう。また、初心者の方の場合は、ワンクリックでワードプレスをインストールできる機能をもったサーバーを選ぶのもおすすめです。サーバー契約にかかる費用はスペックなどによって異なりますので、サーバー契約の際は費用面はもちろん、スペックや搭載されている機能を参考に選ぶとよいでしょう。

 

サーバーを契約したら、次は独自ドメインを取得しましょう。独自ドメインはレンタルサーバー契約時に同時に取得、またはお名前.comなどの専門サイトで取得できます。取得場所やつけたいドメインによって費用が異なりますので、取得前に必ず確認しましょう。初心者の方の場合は、取得した独自ドメインの設定が簡単にできるかもあわせて確認するのがおすすめです。

デメリット ②:専門知識やスキルが必要になるケースも

ワードプレスはPHP言語を使用して作られています。そのため、ワードプレスで構築したページをさらにカスタマイズするためには、HTML、CSSの他にPHPの知識やスキルが必要です。また、自由自在なカスタマイズを実現するには「テーマ関数」というワードプレス特有のPHPプログラムの知識も必要となります。

 

知識のない初心者が、ワードプレスを使用してゼロからオリジナルホームページを構築したりカスタマイズを行ったりするのはあまり現実的ではありません。ホームページ作成に余計な手間をかけたくないという人は、カスタマイズは行わない、有料テンプレートを利用するなどの方法をとるのがおすすめです

デメリット ③:SEO対策は自分で

ワードプレスはSEOを意識した設計で作られているため、デフォルトでも基本的なSEOはカバーされています。

 

しかし、ターゲットを絞ったより細かい設定をするためにはプラグインの導入が必須となります。どんなキーワード設定をして、どんなターゲットを集客したいのかなど設定や戦略は自らで決定しなければならないので、SEOの知識もある程度必要になります。

デメリット ④:セキュリティ対策は必須

ワードプレスは世界中で利用されているCMS。そのため、クラッカー(ネットワークへの不正侵入、ホームページ情報の改ざん、破壊など悪意あるハッキングを行う人)などから標的とされやすいといえます。

 

セキュリティアップデートは常に行われているものの、不十分であるのが正直なところ。プラグイン使用や契約サーバーの設定でセキュリティ強度をあげるのが重要です。さらに磐石なセキリュティ対策を行いたい場合は高度な知識が必要となるため、初心者にはハードルが高いかもしれません。

デメリット ⑤:プラグインが動かなくなることも?

ワードプレスのシステムは日々開発が進んでおり、バージョンアップも頻繁に行われています。システムのバージョンアップ自体はクリック1つで簡単に行えますが、気をつけなければならないのはプラグインのバージョンアップも同時に行う必要がある点です。

 

ワードプレスとプラグインには互換性があるため、片方のみのバージョンアップではプラグインが動かなくケースも。また、数多くあるプラグインの中では開発が途中で止まり、バージョンアップができないものもあります。このようなプラグインは、システムがバージョンアップしていくと、当然ながら動かなくなる可能性も高くなります

 

バージョンアップが止まったプラグインを使い続けたいからシステムのバージョンアップもしないという選択をする方もいますが、古いバージョンはクラッカーに狙われる可能性が高くなるためおすすめはできません。

デメリット ⑥:電話でのサポートはない

ワードプレスのサポートはメールのみで、電話でのサポートは用意されていません。ワードプレス利用者が質問を投稿できるフォーラムなどは用意されていますが、基本的にはわからないことは全て自分で調べて解決するのが前提となります。

 

もちろん、インターネット検索やフォーラムで適切な回答を見つけられるケースもあります。しかし、初心者の方やプログラミングに自信がない方が陥りがちな、わからないことがわからない、回答をどう検索すればいいかわからないというケースでは、電話サポートがないのはデメリットといえるかもしれません。

まとめ

ワードプレスってよい?わるい?

ワードプレスは無料で利用でき、テンプレートやプラグインも豊富に揃った素晴らしいサービスです。PHP(テーマ関数)やHTML、CSSなどの知識があれば、さらに自由度が高く、理想のホームページを作成できます。

 

知識や経験のない初心者にはハードルが高く感じるかもしれませんが、学習意欲や学習時間が十分に取れる方はぜひ、ワードプレスを利用して自分だけのホームページを作成してみてはいかがでしょうか。