· 

どれがおすすめ?ワードプレスとWix、Jimdo(ジンドゥー)の違いを比較

<目次リストを追加する領域>

結局どれがおすすめ?ワードプレス・Wix・Jimdoを比較

ワードプレス・Wix・Jimdoのイメージ

ワードプレスとウィックス、ジンドゥーはどれもCMS(コンテンツマネジメントシステム)で、プログラミングの専門知識がなくてもホームページが作れます。

 

3つとも無料で始められますが、ワードプレスは別にサーバー代がかかります。自由度はワードプレスがもっとも高く、カスタマイズ性にも優れていますが、手軽さではウィックスとジンドゥーの方が優っているでしょう。

 

ワードプレスはエクスポートとインポートに対応、広告がつかないのでアフィリエイトを貼るブログサイトやビジネス利用に向いています。ウィックスやジンドゥーは簡単に見栄えのするホームページが作成できるので、個人のギャラリーやポートフォリオなどがおすすめです。

ワードプレス・Wix・Jimdoは何が違う?

ワードプレスとウィックス・ジンドゥーはどれもCMSですから、ホームページの追加や更新作業には専門知識は不要です。

 

ワードプレスはウィックスとジンドゥーとは異なり、最初のホームページの構築と保守にはそれなりの専門知識が必要です。その代わりカスタマイズ性に優れているので、自分が望むホームページを実現させやすいメリットがあります。

 

ワードプレスはホームページを設置するためのサーバーが必要ですが、ウィックスとジンドゥーはそれらのサービスも無料で提供しています。そしてこれらは直感的に操作できるUIも提供しているので、実際のホームページ画面を見ながらドラッグ&ドロップで編集できるメリットもあります。

ワードプレスがおすすめな人

ワードプレスがおすすめなのは、ブログサイトを運営する人です。ウィックスとジンドゥーにはエクスポート機能がないので、ホームページのコンテンツのデータをほかのサービスに移動できません。

 

ブログで書き溜めた文章は、あなたの資産のようなものです。SEOを考えた本格的なブログサイトを運営するなら、いざという時にデータを簡単に移せるワードプレスがおすすめです。

 

自分で調べるのが苦ではない人や、既存の機能とデザインでは満足できず、自分で納得いくまで作り込みたい人にもワードプレスが向いています。

Wix・Jimdoがおすすめな人

ウィックスやジンドゥーがおすすめなのは、とにかく簡単に、見栄えするホームページを作りたい人です。ウェブ上の管理画面でダイレクトに作成と更新、編集作業が行え、デザインテンプレートも多彩です。

 

手軽にネットでお知らせをしたい、自分の手作り作品のポートフォリオを作りたいなどの目的なら、ワードプレスよりもウィックスやジンドゥーが向いています。ビジネスでホームページを運営するのであれば、有料プランで広告を非表示にして独自ドメインを利用するとよいでしょう。

ワードプレス(WordPress)

【ポートフォリオの作り方】無料のHTMLテンプレート7選
ワードプレス(WordPress)

ワードプレス本体は無料で利用できますが、サーバーを借りるならその費用と、独自ドメインの取得や更新費用が別途かかります。レンタルサーバーを利用すると独自ドメインを一緒に手配できることが多いので、その点も気にして選ぶとよいでしょう。

 

ワードプレスのテーマには有料と無料のものがありますが、初心者は無料のもの、日本製でシンプルなデザインのものが扱いやすくおすすめです。

ワードプレスのメリット

ワードプレスのメリットは、オープンソースなので世界中に多くの開発者がいて利用者も多く、デザインテーマ(テンプレート)や機能追加できるプラグインが豊富に提供されていることです。テーマとプラグインは、管理画面からインストールとアンインストールが可能です。

 

ワードプレスの運用にはサーバーが必要ですが、多くのレンタルサーバーではワードプレスの簡単インストール機能を提供しています。

 

また、5つのユーザー権限を使い分けられるため、たとえばほかのホームページ編集者に「投稿者」の権限を与え、記事投稿のみをお願いすることも簡単。大人数で運営する、規模の大きなホームページ運営にも向いています。

ワードプレスのデメリット

ワードプレスでホームページを作成する場合、サーバーに設置するためにはある程度の知識が必要です。WebサーバーとMySQL(データベース)、PHPやLinuxなどをきちんと設定しなければなりません。

 

ワードプレスは提供されているテーマやプラグインを設定するだけでも大抵のことはできますが、より自分好みにカスタマイズするにはワードプレス自体の構造について知る必要もあるでしょう。

 

ワードプレスの本体は頻繁にバージョンアップされていますが、プラグインの更新が間に合っていないと動作しなくなる可能性があります。あまりにもプラグインを入れすぎていると、メンテナンスが面倒になるデメリットもあります。

ウィックス(wix)

【ポートフォリオの作り方】無料のHTMLテンプレート7選
Wix

ウィックスは、イスラエルで開発されたホームページ作成サービスです。2019年には日本法人が設立、日本語対応の電話サポートとヘルプセンターが開設されて、より便利に使えるようになりました。

 

初心者向けの「Wix ADI」とデザイン編集の自由度がそれなりにある「Wixエディタ」のほか、開発者向けでもっともカスタマイズの自由度が高い「コルビット(Corvid)」があります。

 

基本的には無料で利用できますが、独自ドメインを設定する、広告を削除するなどを希望する場合は有料プランを契約する必要があります。

ウィックスのメリット

ウィックスのメリットは、プログラミング言語やHTMLとCSSなどがわからなくても、ホームページを作成して運用できることです。ヘルプセンターの内容も充実しているので、わからないことは自分で解決しながら進められます。

 

「Wixエディタ」からは、ホームページに追加するパーツをカスタマイズ可能。デザインとレイアウトだけでなく、ギャラリーや動画と音楽の挿入、SNSアイコンの追加などが簡単にできます。

 

「Wix ADI」は作りたいホームページの目的に加え、デザインとイメージカラーを選択するだけで見栄えのするテンプレートを3種生成してくれるので便利です。

ウィックスのデメリット

ウィックスのデメリットは、一度設定したテンプレートを後から変更できないことです。ホームページの運営を始めてからより適したテンプレートに変える、気分転換のためにデザインを変更するなどの運用はできません。

 

また、ほかで作ったホームページのデータをインポートする、ウィックスで作成したホームページのデータをエクスポートする機能がないこともデメリットです。将来的にホームページをどうしていきたいのか考えてから、ウィックスで作成するかを決めましょう。

ジンドゥー(Jimdo)

【ポートフォリオの作り方】無料のHTMLテンプレート7選
ジンドゥー(Jimdo)

ジンドゥーは、ドイツで開発されたホームページ作成サービス。日本ではKDDIウェブコミュニケーションズの運営で、管理画面などは日本語に対応しています。

 

好みのデザインテンプレートを選んで、ホームページのプレビューに直接ドラッグ&ドロップで編集できます。写真や文章の配置だけでなく、レイアウトやメニューの内容などもプレビュー上で設定可能です。

 

無料プランのほか「PRO」と「BUSINESS」の有料プランがあり、無料から有料プランへのアップデートもできます。

ジンドゥーのメリット

ジンドゥーのメリットは、ホームページ作成を全くしたことのない初心者でも、簡単に作れることです。一方でHTMLやCSSのカスタマイズにもいくらかは応えられるバランスの良さも魅力。デザインにこだわるグラフィックデザイナーやイラストレーターの中には、愛用者も多いといいます。

 

シンプルなホームページを手早く作りたい、ホームページの運営を楽にやりたい方にもおすすめのサービス。日本語のフォントが多いので、外国のサービスのように表示崩れの心配はありません。

 

無料でネットショップが運営できるのは、ウィックスにはない魅力です。複数のメニュー階層を設定できるため、複雑な構造のホームページも作成できます。

ジンドゥーのデメリット

ジンドゥーの無料プランのサーバー容量は500GB、帯域幅(一度に転送できるデータ量)は2GBまでの制限があります。そのため、ブログを頻繁に更新してアクセス数を集めたい人には向いていないかもしれません。

 

電話サポートは受けられず、メールでのみ対応です。ホームページの設定方法やシステム障害などの問い合わせの回答が、すぐに得られないデメリットもあります。

 

そして無料プランの場合、前回から180日以上ログインしないでいると、ホームページが自動で削除される点に注意しましょう。ジンドゥーではホームページを個別にバックアップしていないため、バックアップソフトなどを使って自分でやる必要もあります。

まとめ

ワードプレス・Wix・Jimdoのイメージ

ワードプレスとウィックス、ジンドゥーは、それぞれに得意、不得意があります。自分がどんなホームページを作りたいかによって、利用するものを選びましょう。

 

ウィックスとジンドゥーには無料プランがあるので、とりあえずホームページを試してみたい方におすすめ。3つの公式サイトでは作成できるホームページのプレビューを見られますから、いろいろと見ながらイメージを膨らませましょう。