· 

初心者でも安心!ワードプレスの無料おすすめテーマの選び方

<目次リストを追加する領域>

ワードプレス初心者のためのテーマ選び方の基準は?

ワードプレス初心者のためのテーマ選び方、その基準

ワードプレス初心者には、ユーザー数が多くフォーラムが充実しているものや、公式サイトや設定画面が日本語対応しているものの方が便利に扱えるでしょう。頻繁に更新されているテーマはバグなどへの対応も早く、安心して使えます。

 

ワードプレスの無料テーマであっても、パソコンやモバイル機器などの異なる画面サイズに対して、自動でレイアウトを調整する「レスポンシブデザイン」に対応しているものは多くあります。

 

カスタマイズが必要ないテーマも初心者に向いています。記事やコンテンツなど、ホームページの中身を充実させることに集中できるからです。

テーマの調べ方

ワードプレス公式に登録されているテーマは一定の基準をクリアしているので信頼でき、ワードプレスの管理画面から簡単に追加と設定が可能です。ワードプレス公式の「テーマ」では多くのテーマのプレビューを参考にしつつ、比較検討してダウンロードできます。

 

また、ワードプレスを使ったホームページのデザインが気になったら、何のテーマを使っているのかを確認してみましょう。Google Chromeでアクセスし、右クリックメニューの「検証」をクリックしてからCommandキー+Fキーで検索バーを表示させます。

 

検索バーに「theme」と入れて表示された「wp-content/themes/○○/」の〇〇が、使用されているテーマの名前です。

テーマ選びで失敗するポイント

海外製のテーマには、かっこ良く見た目も凝っているおしゃれなものが多くあります。ですが日本語のホームページで利用しようとすると、フォントと相性が悪くてレイアウトが崩れるなど面倒なことが多くあります。

 

また、多くの機能が付属しているテーマは一見便利なように思えますが、自分には必要のない機能ばかりかもしれませんし、設定が複雑化していて厄介なこともあります。

種類ありすぎて悩む!テーマの決め方

ワードプレス のテーマの決め方

ワードプレス公式の「テーマ」ではプレビューを簡単に参照できるので、デザインの違いはわかりやすいのですが、実際の使用感や機能はわかりにくいかもしれません。

 

機能にこだわってテーマを探すときは、Googleなどの検索エンジンで「WordPress テーマ 〇〇」と入力して検索します。「カスタマイズしやすい」や「SEOに強い」など、希望する条件を〇〇に入れましょう。

 

企業のホームページと個人のブログとでは、向いているテーマは異なります。前者ならシンプルな構造でビジュアルを見せられるテーマ、ブログなら文章を読みやすく表示できるテーマがよいでしょう。

有料・無料の違いは何?

有料テーマは無料テーマよりもデザイン性の高いものが多く、ウィジェットやプラグインが充実しているので使える機能が揃っているのが特徴です。加えてSEOにも強く、Googleなどの検索エンジンにクローリング(ホームページを発見する)してもらいやすくもなります。

 

無料テーマは簡素なデザインが多めですが、シンプルなホームページを作るには十分すぎる機能を有しています。多少の知識があれば、プラグイン追加やCSSをいじって自分好みのデザインと機能をプラスできるでしょう。

 

無料のテーマは数多く提供されていますから、まずはダウンロードして使ってみて、合わなければ変更するのも気軽です。

海外テーマはどうなの?

海外のワードプレステーマは英語のマニュアルしか付属していないことも多く、英語に不慣れだと解読するだけでストレスに。英語表示に最適化しているので、日本語を流し込むだけでは意図した通りに表示されず、調整する必要もあります。

 

海外製のテーマは美しいデザインと機能が充実しているものが多いのが魅力ですが、日本製テーマと同じ使い勝手とはならず、せっかくの機能を活かすのは簡単ではないと覚えておきましょう。

初心者におすすめなワードプレスの無料テーマ比較

ワードプレス の無料テーマイメージ

コクーン(Cocoon)

ワードプレス テーマ「コクーン(Cocoon)」

画像引用:https://wp-cocoon.com/

コクーン(Cocoon)は、「Simplicity」の後継であるシンプルなテーマです。繭(Cocoon)の名の通り白を基調とし、文章が読みやすいデザインとしています。

 

ホームページの表示高速化に対応していて、パソコンとモバイル双方で見たソースコードも一致させる完全レスポンシブデザインを提供。そのためGoogleにもよりホームページを見つけてもらいやすく、読み込み時間が短くなるので閲覧者のストレスも軽減できます。

 

定型文のテンプレート化やアフィリエイトタグの一元管理、Amazon商品リンクの作成が簡単にできるなど、ブログ向けの機能が多く付属しているのも特徴です。

セオリー(Xeory)

ワードプレス テーマ「セオリー(Xeory)」

画像引用:https://xeory.jp/

セオリー(Xeory)は、シンプルで落ち着いたイメージのテーマです。日本で開発されており、マニュアルページが充実しているので初心者でも容易に扱えます。インストール方法とその後のSEOや記事作成方法などの活用法が紹介されていますが、自力カスタマイズが難しい方は有料のサービスをお願いすることも可能です。

 

コンテンツマーケティング用のブログ型「Xeory Base」と、企業サイト向けのサイト型「Xeory Extension」の2つのテーマが用意されており、それぞれの事例は公式サイトのデモサイトで確認できます。

ライトニング(Lightning)

ワードプレス テーマ「ライトニング(Lightning)」

ライトニング(Lightning)はワードプレスの公式テーマの1つで、機能拡張が豊富です。

 

テーマの開発先が多くのプラグインを提供しており、今風のブログサイトやビジネスサイトを実現可能。テーマ固有の機能はできるだけ絞っているのでカスタマイズが簡単、欲しい機能だけをプラグインで付け足せます。

 

テーマとプラグイン「ExUnit」は、ともにワードプレスの管理画面から簡単にインストールとアップデートができます。より高機能なビジネスサイトを望む方には有料版の「Lightning Pro」があるので、無料版で試してから切り替えてもよいでしょう。

ルクセリタス(Luxeritas)

ルクセリタス(Luxeritas)は、高速なページ表示が可能なテーマです。使用するときはワードプレスの管理画面の「外観」から、本体と子テーマ「Luxeritas Child Theme」を新規追加しましょう。

 

デフォルト状態ではとてもシンプルですが、デザインのカスタマイズ性に優れています。カラム構成とヘッダーとフッター、文字色など自分好みのデザインに設定可能。高機能エディタはプラグインを入れずに使えるのも魅力です。

 

ワードプレスのダッシュボードから、直接「Headタグ/フッター」や「style.css」、「functions.php」などのファイルを編集できます。

まとめ

ワードプレスの無料テーマを選ぶ

ワードプレスの無料テーマ・テンプレートは、自分が作成したいホームページに合わせて選んでみましょう。デザインの美しさだけで選ぶのではなく、実際の使いやすさや機能、カスタマイズのしやすさもポイントに選ぶことをおすすめします。

 

海外製のテーマは英語表示のホームページには向いていますが、日本語表示には適さないことも。マニュアルが英語表記しかないなど、設定とカスタマイズは日本製のものよりも難しいかもしれません。

 

たくさんの無料テーマが提供されていますから、お試しで気になるものをダウンロードしてみて、使用感を確かめながら検討してみてはいかがでしょうか。